1.要配慮者の定義

要配慮者とは災害発生時における、避難の仕方や避難した後の生活面など、災害時のそれぞれの段階において、特段の配慮を必要とする人たちのことを言います。

2.具体的な要配慮者はどんな人たち?

具体的には、お年寄り、障害者、難病を抱える方、赤ちゃん、妊婦さん、日本語での意思疎通が難しい外国人の方などが想定されています。

3.なぜ「要配慮者」という言葉が存在しているのか

基本的に要配慮者と想定される方々は、ご自身のみで災害に対応する力が足らず、他の人の助けが必要である場合がほとんどです。
こういった場合に「要配慮者」という言葉があることで、助けが必要であることが明確になり、彼ら自身も強いることなく助けを求めることが出来ます。
また要配慮者ではない方がこのような人たちがいることを認識しておかなければ、そもそもの意味を成しません。
地震や津波、台風といった災害が頻繁に起こる日本に住んでいる以上、必ず理解しておくべき言葉です。

4.要配慮者に対する「防災シェルター」の有用性

要配慮者に対する「防災シェルター」の有用性は以下のものが挙げられます。
・避難時における「移動負担」が軽減出来る点
・避難場所における「他者からのプライバシー」を確立出来る点
・「安心した空間」でのその後の対応を考え、実行することが出来る点
・特別な助けが必要な要配慮者(特にお年寄りや妊婦さん、赤ちゃんなど)の場合でも、仕切られたスペースの中で「安全かつ第三者を気にすることなく処置が行える」点

上記の理由から、要配慮者のために「防災シェルター」を用意しておくことは非常に有効的であると言えます。
気になる金額については一度お問い合わせをしてみると、具体的な費用感が掴めるのでおすすめです。

まとめ

要配慮者の方たちにとって災害時の危険は、災害そのものによる被害だけではありません。
彼らだからこそ抱える「障害」と災害そのものへの恐怖が大きなストレスとなり襲い掛かります。
実際にこの「災害によるストレス」が原因で命を落としてしまう要配慮者の方も少なくはありません。
そんな方たちに我々が出来ることは、予め「要配慮者」という方の存在を認知し、いざという時に手を差し伸べてあげることです。

その一環として、「防災シェルター」を活用することで、彼らにとって大きな問題である「災害ストレス」を少しでも軽減することが可能です。
金額はかかりますが、命はお金で買うことは出来ません。
是非この機会に一度、ご検討してみてはいかがでしょうか。

防災シェルターの完全無料現地調査はコチラから

防災シェルターに関するお問い合わせはコチラから