大げさなタイトルだと思いますか?

厚生労働省は、日頃のケアだけではなく災害時の口腔ケアも大切だと注意を促しています。タイトルはそのポスターの見出しで、実際に避難所で貼りだされているところもありました。今回は、災害時のケアと備えておきたいものをご紹介します。

1. 災害時に気をつけたいこと

(1)子供の方へ

 むし歯にならないように、規則正しい生活をして食事やおやつを決められた時間に食べましょう。

(2)高齢者の方へ

口の中の汚れと避難生活のストレスで免疫力が下がり、誤嚥性肺炎やインフルエンザなどにかかりやすくなります。規則正しい生活と、口の中に汚れが残らないようにしっかりケアしましょう。

※誤嚥(ごえん)性肺炎とは

食道を通るはずの食べ物や唾液が誤って気管に入り込んでしまうことを誤嚥といいます。

誤嚥は、食事中に限らず寝ている間におこる場合があるので、普段の生活でも注意が必要です。ストレスなどで免疫力が落ちているところに、口の中の細菌が肺で繁殖して炎症を起こしてしまう病気が誤嚥性肺炎です。

2. 少量の水でお手入れするときに用意したいもの

(1)約30mlの水を用意します。

水で歯ブラシをぬらして歯みがきします。

あい間に歯ブラシの汚れをティッシュでふきとります。

2~3回に分けて口をすすぎます。

(2)歯ブラシがない時

少量の水やお茶でうがいします。

ハンカチやティッシュ、歯みがきシートなどで歯の汚れをとるのも効果があります。

3. ガムを噛みましょう

食後は、キシリトール入りのシュガーレスガムをよく噛んで唾液をたくさん出すようにしましょう。唾液は口の中をきれいに保つ働きがあります。耳の下や頬、あごの下を手で揉んだり、温めても効果があります。

あくまで非常時のお手入れなので、環境が整った後は普段どおりにお手入れしてください。

4. 最後に

被災して避難所の生活を余儀なくされることもあります。避難所では公的なサポートやボランティアの助けが受けやすい反面、プライベートの確保が課題になっています。自分のペースで過ごせないことや、不規則な生活とストレスから体調を崩してしまう人がいるからです。

防災シェルターは大切なプライベートを提供してくれます。その安心感を価格に置き換えることはできません。これからは、災害の備えに「防災シェルター」という選択肢をひとつ増やしてはいかがでしょうか。あらゆる災害に対応した設備が価格に見合うことを確認してみてください。

防災シェルターの完全無料現地調査はコチラから

防災シェルターに関するお問い合わせはコチラから