1.トリアージとはなんのこと?

災害が発生した状況において傷病者の数が同時に多く発生してしまった場合に、傷病者の緊急度や重傷度によって適切な処置や迅速な搬送を行うため、治療優先順位を決定することを「トリアージ」と呼びます。
災害現場に限らず救急事故現場においても、患者の治療優先順位や救急搬送の順番、搬送先施設の決定などで用いられることがあり、その際は「識別救急」と称されることもあります。
因みに語源に関しては、フランス語で「選別」を意味するトリアージュ(triage)から来ているという説が有力です。

2.「避難所トリアージ」という概念について

大規模な地震によって多くの被災者が生まれ、それによって避難所の大幅な不足が予想される場合、避難所を利用する人達に優先順位を付けることを「避難所トリアージ」ということもあります。
具体的に優先される人として、自宅を失った方や高齢者、また障害者などが挙げられます。

3.「トリアージ」と「防災シェルター」の相関性について

冒頭でも説明した通りトリアージとは、災害時における傷病者手当の優先順位を決定することでした。つまり、傷の程度によってトリアージ的な優先順位が下がることも考えられます。

その際に「防災シェルター」を持っていれば、優先順位に関わらず傷の手当てに専念する空間を手に入れることが出来ます。傷のさらなる悪化を防ぐためには屋内の清潔な空間が求められるため、まさに災害時には必須のアイテムと言えます。
具体的な金額に関しては、一度販売している企業に問い合わせることで情報を得ることが出来ます。
また消毒液や絆創膏、包帯などを完備した「救急キット」も事前に用意しておきましょう。

まとめ

災害時には誰もが助けを要求しますが、そこには「トリアージ」いわゆる優先順位が発生します。
医療現場の数には限りがあるため、この概念は必須です。
しかし、いざあなたが傷病者となり、治療の優先順位が低かった場合、自身で簡易的な空間を作り出し治療を行う必要があります。
その際に有効的なアイテムとして「防災シェルター」が挙げられます。
そこにいることで、なにより精神的な安定が図れますし、冷静な判断・行動に繋がっていきます。
いまから検討しても早すぎることはありませんので、まずは金額だけでも問い合わせてみるのはいかがでしょうか。
トリアージ的概念の存在を知ることが出来たあなたは、すぐにその後の行動に移し、災害時への対策を進めることが重要です。

防災シェルターの完全無料現地調査はコチラから

防災シェルターに関するお問い合わせはコチラから